ホテルユニゾイン浅草

ホテルユニゾイン浅草

ホテルユニゾイン浅草の宿泊体験談

お部屋

4.1

部屋は普通のビジネスホテルでしたら、十分だと思える広さでした。普通のツインは少し大きく一人づつ座るソファーが2脚と小さなテーブルがありました。カジュアルツインは普通のツインよりは少し狭いですが、値段にしたら充分だと思います。景色は部屋の位置にもよりますが、浅草の大通りが見える部屋は、食べ物屋さんや店のネオンが浅草っぽくて良いです。清潔感はいつも綺麗に清掃されていて、素晴らしいと思います。嫌な思いをしたことがありません。

ベッド、寝心地

4.2

シングルといっても、家庭用のシングルとはもちろん違って、横幅はシングル以上だと思います。ただ、背の高い人だったら長さは足らないと思います。身長163センチの私には充分な広さです。 寝心地もシーツもサラサラで、綺麗にベッドメイキングされてあって、ちゃんと「○○が、清掃いたしました」とカードが添えられていて気持ちが良いです。ただ、シーツがビシッとマットにはさんである為、寝始めは窮屈ですが自分で引っ張って調整すれば問題ありません。

お風呂

4.2

ユニットバスで、トイレと一緒になっています。洗い場がないので、最初と最後にお風呂につかりたい人は、一回湯を抜かなくてはいけません。私は体を洗わないと気持ち悪くて湯船に浸かれないので、体と髪を洗ったあとに寝そべりながら湯を溜めていって浸かっています。それが面倒ですね。まぁ、ビジネスホテルだから、どこでもそうなのでしょが。お風呂も手入れが行き届いていて、清潔ではあります。欲を言えば、備え付けのボディーソープ、シャンプーなどはありますが、自分で持っていった物を使用したい時にちょっとした置き場所を作ってもらってあると助かります。

接客、サービス

4.1

接客は、良いですよ。「どこどこに行きたいのですが」と尋ねると、ちゃんと地図を広げて行き方を丁寧に案内してくれます。もちろん、浅草案内地図みたいなのもいただけます。あと私が、靴擦れした時も絆創膏をくれました。ちょっとした優しさも旅の思い出になります。付かず離れず、いい距離感での接客が心地よいです。がつがつ媚びを売られたり、出かける時に「どちらに」と言われると、ちょっと嫌なものです。それがなく、ただ「いってらっしゃいませ」と言ってくれるくらいが丁度いいです。

料理

4.3

料理は、ロイヤルホストが一階にあるので外に出なくてもエレベーターで一階まで行けば目の前がロイヤルホストになっていて、とても便利です。朝食付きにしておけば1,000円で朝食が食べられますが、「これで1,000円もするの?」とゆう思いはあります。せめて、朝食は800円までですね。でも、味は良いですよ。私のお気に入りは、お腹にも優しい朝粥セットです。もちろん、洋食好きの人の為にパンやウインナー、玉子の朝食もありますし、普通の和食もあります。ドリンクは飲み放題です。

宿泊料金

一人一部屋シングルで平日5500円くらいで、朝食を付けるとプラス1,000円です。ツインカジュアルだと10,000居以内で泊まれます。

最安値など詳しい宿泊料金は、以下の詳細ぺージよりご確認ください。

住所

東京都台東区浅草1-9-2

総評

ユニゾイン浅草は、お気に入りで何度も利用させて頂いています。事前に禁煙部屋を頼んでおくと、タバコ臭くない快適なお部屋で過ごせます。禁煙部屋を予約するのを忘れていて、前日に頼んだら「なんとかご用意いたします」と、禁煙部屋に泊めてくれました。こちらのわがままなのに、素晴らしい対応で感動しました。家具の配置も使い勝手がいいように配置されていますし、ちょっと歩けば雷門がすぐ近くにあるので観光目的なら、絶対にお勧めです。