【東京 お土産・手土産特集】人気でおすすめのお菓子15選

東京に観光や仕事に行った際は家族や会社の人にお土産を買って帰ります。お土産の定番といえばやはりお菓子です。たくさん入っているものを買えば会社の人に配ることもできますし、またもらう方も遠慮せずにもらうこともできます。そこで今回はいつもお世話になっている人に渡したいおすすめ東京お土産をまとめました。

ニューヨークキャラメルサンド

こちらのお菓子はクーベルチュールチョコレートに包まれた、生クリームと黒糖を使った黒糖のキャラメルをバタークッキーでサンドした上品なお菓子です。4個入から40個入まであるので家族にも職場にも買って帰ることができます。日持ちも2~3週間と長めです。サンドクッキーといえば全体的にサクサクしているイメージですが、こちらはトロッと甘いキャラメルが出て来ます。東京らしい上品なお菓子ですね。

ニューヨークパーフェクトチーズ

こちらは大人気のお菓子で、全国では東京駅、羽田空港、新宿の京王百貨店でのみ買うことが出来ます。どの店舗も行列を作るほどの人気で、昼前に売り切れたりすることもあるので午前中に買いに行くのがおすすめです。チーズが好きな人には堪らない極上のお菓子で、ふわふわのミルククリームとチェダーチーズが入ったホワイトチョコレートがゴーダチーズを練りこんだラングドシャに包まれています。

ノワ・ドゥ・ブール

こちらはお菓子の定番、焼き菓子です。ノワ・ドゥ・ブールはフランス語で「小さなバターのかたまり」を意味しています。どれも焼きたての香りと食感にこだわって作られており、フィナンシェやマドレーヌ、カヌレなど幅広い商品があります。特にフィナンシェは店頭に並んだそばから売れていくほどの人気で、外はカリッと中はジュワッとした食感がたまりません。冷めてもおいしいのでお土産にもぴったりです。

バターフィナンシェ

バターバトラーというお店から出されているバターフィナンシェは名物商品です。スイス産のバターとフランス産の塩を使ったフィナンシェで、表はカリッと、中はメープルシロップを染み込ませてしっとりとした仕上がりになっています。パッケージはエメラルドグリーンに色鮮やかな黄色となっておりとてもおしゃれで、見た目も味も上品なお土産になっています。数は4個~16個入りが用意されています。

マッターホーン

マッターホーンは生菓子や焼き菓子、アイスクリームなど様々なスイーツを作っているお店です。学芸大学駅にある老舗の洋菓子店で、喫茶も併設されています。包装紙は鈴木信太郎画伯の絵が使用されており、とてもおしゃれで可愛いデザインになっています。特におすすめなのがクッキーです。バターが香るプレーンタイプや黒ごま入りクッキーなど様々な味を楽しめます。クッキーが入った缶もまた可愛いです。

ベルンのミルフィユ

ベルンは日本で初めてミルフィーユを作り、発売したお店です。まるで外国のような洗練された包装紙を見ただけでベルンのミルフィーユだと分かる人も多いようです。サクサクのパイ生地が何層にも重なっており、全体を覆うチョコレートにはミルクチョコレート、ヘーゼルナッツチョコレート、スイートチョコレートの3種類が使われています。一風変わったお土産を買いたい方はこちらのミルフィーユがおすすめです。

東京ばな奈シリーズ

東京のお土産と聞いたらまず思い浮かぶのは東京ばな奈ではないでしょうか。バナナの形をしたフワフワ生地の中にちょうどいい甘さのバナナ風味クリームが入っていて、1度食べたらやみつきになる人も多いです。プレーンタイプ以外にも10を超える種類が販売されています。東京のお土産は何が良い?と聞かれて「東京ばな奈!」と答える人が多いほど人気で定番のお土産なので絶対に外すことはなく安心です。

モロゾフのクリスピーショコラ

チョコレートで有名なモロゾフには東京限定のクリスピーショコラがあり、なんとひとつひとつが東京駅の形をしています。模型のように細かい部分まで再現されており、さらにもちろん味もとてもおいしいです。全体的にホワイトチョコでコーティングされており、中に入っているベリー系の酸味とよく合います。モロゾフでしかも東京駅の形を楽しめるとあって、喜ばれること間違いなしのお土産です。

コロンバンの東京駅焼きショコラ

洋菓子で有名なコロンバンにも東京限定のお菓子があります。それは東京焼きショコラという名前で、サクサクとした食感を楽しむことが出来るお菓子です。チョコとはいえ、焼きチョコなので夏場でも溶ける心配がありません。見た目はとてもシンプルですが、カカオマスと焼きチョコのほろ苦さが混ざり大人の味わいになっています。甘いものが苦手という人でも食べられそうなお土産です。

東京ミルクチーズ工場のクッキー

東京ミルクチーズ工場のクッキーは良質なミルクとチーズで作られており、シンプルながらも味わい深いおいしさで東京土産として大人気です。サクサクのクッキーにカマンベールチーズを挟んだ「ソルト&カマンベール」はクセになるおいしさでファンが多いです。東京限定のパッケージがあり、こちらにはソルト&カマンベールとはちみつ&ゴルゴンゾーラの2種類がセットになっています。

東京ひよ子のひよこ

東京の和菓子のお土産の定番といえばやはり東京ひよ子のひよ子でしょう。食べたことがあるという方も多いのではないでしょうか?見た目もこじんまりとして可愛いですし、素朴な甘さ、柔らかい生地と、全てにおいて楽しめる優秀なお土産です。誕生から100年以上も経ち、それだけ長いあいだ愛され続けた実績のあるお菓子でもあります。和菓子が好きな人や年配の方へのお土産にいかがでしょうか。

TORAYA TOKYOの羊羹

東京ステーションシティ内にあるTORAYA TOKYOは室町時代から続く老舗の和菓子店「とらや」の直営店です。東京限定パッケージには化粧箱やひとつひとつの包装紙にパリ在住の画家が書いた東京駅が書かれています。プルプルとした触感で色も鮮やかなこの羊羹は昔から続く日本らしさのある甘さを感じることが出来ます。小形羊羹が5本入っており、年配の目上の方へのお土産にぴったりです。

ギャレットのポップコーン

ギャレットのポップコーンはとても有名で、若い人達がお店で行列を作っているところをよく見かけます。ポップコーンは出来立てを買ってすぐに食べるイメージですが、実はお土産として持って帰ることもできるのです。2つの味が楽しめるシカゴミックスはお土産の定番です。それぞれ包装されているお菓子ももちろん良いですが、他の人とは一風変わったお土産を買いたいという方にはぜひおすすめです。

カファレルの東京ジャンドゥーヤチョコパイ

カファレルはイタリアのチョコレートブランドで、誕生150年を記念して東京に進出しました。様々なお菓子がある中で特に人気なのがジャンドゥーヤチョコパイです。ヘーゼルナッツとチョコが調和し、味はもちろん食感も楽しめます。パイの中にはカファレルだけが作れるジャンドゥーヤクリームが入っており、この特別感がたまりません。おしゃれで珍しいお土産を買いたい人にはカファレルのパイがおすすめです。

プレスバターサンドのプレスバターサンド

お土産のパッケージといえば目立つようなデザインですが、このパッケージはスタイリッシュで洗練されています。こちらはクッキーの間にバタークリームとキャラメルクリームが閉じ込められたお菓子で、バターの濃厚な味とクリームの甘さが味わえる1度で2度おいしいお土産です。バターという外さない味なので人を選ばないのがメリットです。またかっこいいデザインなので男性へのお土産にも良いですね。