【GW・夏休み】琵琶湖周辺で楽しめるおすすめアクティビティ 15選

滋賀県の有名な琵琶湖は目の前にするとかなり大きく、とても湖だとは思えません。そんな琵琶湖はただ眺めるだけではなく、実は湖の中で泳いだり、浜辺でキャンプをしたりといろいろなことができる場所です。そこで今回はGWや夏休みにおすすめしたい琵琶湖周辺で楽しめるアクティビティをまとめてみました。

ジェットスキー、ウェイクボード体験

琵琶湖はまるで海のような広さがあるため、海と同様のアクティビティが楽しめます。例えばジェットスキーに乗って猛スピードで水の上を駆け抜けることができます。自分でジェットスキーを持ってきて遊んでも良いですし、レンタルできるところもあります。またウェイクボードも体験を受け付けているところもあるので初心者でも問題なく楽しめます。落ちても湖水なのでベタベタしないというメリットもあります。

SUP(サップ)体験

SUPとはスタンドアップパドルボードの略で、ボードの上に立ち、パドルを漕いで進んでいくものです。自然あふれる景色の中を滑っていくのは圧巻です。透明度が高い場所で行えば魚の群れを見れたりすることもあります。おすすめスポットは白鬚神社周辺です。琵琶湖の水の中にそびえ立つ大鳥居の周辺までSUPで行くことができます。神社の参拝プランもあるようなので気になる人は参加してみましょう。

ウォーターチューバー体験

ウォーターチューバーは、水上で透明の円柱型の入れ物に乗って遊ぶアトラクションです。テレビなどで見て自分もやりたいと思ったことがある方も多いのではないでしょうか?琵琶湖では球体のウォーターボールとともに体験できる場所がいくつかあります。寝転がって湖の上にのんびり浮かぶもよし、動き回ってはしゃぐもよし、普段は絶対にできない非日常的な体験に琵琶湖でぜひチャレンジしてみましょう。

ヨット体験

水の上をゆったりと進んでいくヨットは実は琵琶湖でも体験することができます。初めての方がほとんどだと思いますが、インストラクターが丁寧に説明したあとで一緒に乗り込みながら教えてもらえるので安心です。慣れてきたら帆の上げ下げや舵を操作して方向転換をする方法を勉強したりします。1日だけでも本格的に体験することができるので満足度は高いです。マンツーマンのレッスンもOKですよ。

ホバーボード体験

ホバーボートとはスケートボードのようなものに乗って水面の上で浮きながら楽しめるアクティビティです。いわば空飛ぶサーフィンのようなものです。相当な広さがなければ楽しめないスポーツですが、広い琵琶湖なら問題ありません。難しそうなスポーツですが、体験プランに申し込めばコツを教えてもらいながらじっくり取り組めるのでおすすめです。ライフジャケットやヘルメットを貸してもらえるので安心です。

フライボード体験

フライボードは2012年にフランスで生まれたアクティビティで、水上バイクの排気口につないだホースを伝ってフライボードの下から水を噴射し、乗ったまま上に上がれるというものです。この新しいアクティビティは既に琵琶湖に導入済みでいろいろな場所で体験することができます。空中散歩をするだけでも感動的ですが、せっかくなら技も習得したいところです。一度体験したらやみつきになること間違いなしです。

カイトボード体験

カイトボードとは凧を空に上げて、風に引っ張られる凧と一緒に水上を走ったり、ときには飛んだりするこちらも新しいスポーツです。カイトボードはコツが必要なので初心者が独学で始めるのは難しいですし、危険も伴います。そのため、体験コースに参加して、基本的な操作方法を教えてもらったり、安全講習を受けたりしてから挑戦しましょう。もちろん凧やボードは貸してもらえるので手ぶらで行ってOKです。

ウィンドサーフィン体験

ウィンドサーフィンはアメリカ発の水上スポーツです。サーフボードに帆をつけて進むので見た目はヨットのようです。サーフボードとはまた違った独特のスポーツで世界中にプレイヤーがいます。1日のお試しはもちろん、3回、5回など何回か開催されるコースタイプのものもあり、こちらなら方向転換など本格的な技術まで教えてもらえます。1度体験して、もっと極めたいと思ったら受講するのも良いですね。

カヤック体験

カヤックは足を前方に投げ出した状態で座り、ダブルプレートパドルで漕ぐカヌーのことです。名前を聞いたことがあるという方も多いと思います。広くどこまでも進める琵琶湖なら思う存分カヤックを楽しめることが出来ます。初心者レッスンならまず初めは浜辺で基本的な漕ぎ方の説明と練習を行ってから琵琶湖へ出発します。座って漕ぐだけなので、経験がない初心者でも十分に楽しむことができます。

熱気球体験

水上スポーツだけではなく、琵琶湖ではその大きな土地を生かしたアクティビティも出来ます。それが熱気球です。実は琵琶湖では熱気球で湖を横断するイベントも行われています。上空から見る琵琶湖は地上にいるときよりもその大きさを感じて圧倒されます。さらにその周りに見える豊かな自然も心を癒してくれます。運転はプロにお任せしてOKなのでゆっくり楽しめます。カップルやご家族での利用がおすすめです。

パラグライダー体験

空を飛べるパラグライダーは人生で1度は体験したいアクティビティです。琵琶湖付近でパラグライダーをすれば琵琶湖を一望することができ、よりその雄大さを感じられます。全くの初心者でもインストラクターとの二人乗りなので操縦は完全にお任せしてOKです。小学生でも体験できるのでご家族みんなで行くことも出来ます。さらに空中で写真撮影をしてくれるサービスもあり、一生の思い出になること間違いなしです。

ミシガン クルージング

琵琶湖にはミシガンクルーズという名前の汽船があります。琵琶湖の南側を周遊する外輪船になっています。4階のスカイデッキから360度の絶景パノラマを眺めるのはもちろん、船内で陽気な音楽イベントが開かれているのでそちらで楽しむことが出来ます。また軽食やビュッフェなどもあるのでおなかがすいても安心です。所要時間は80分と60分で、大人料金はそれぞれ2780円と2260円となっています。

スカイウォーカー

スカイウォーカーは山の上にある天空アスレチックです。標高1100メートルで関西で一番高い場所にあります。揺れる橋、蜘蛛の巣ネット、丸太渡りなど地上5メートルの高さで進んでいくスリルのあるアスレチックです。少し遠くに目をやれば下に街が広がっていますから、その景色もまたスリルを感じさせます。上級コース、中級コース、ちびっこコースの計3コースがあるので家族全員が楽しめます。

ジップライン

ジップラインは標高1100メートルの森のあちこちに張り巡らされたロープを滑車につられて滑るアトラクションです。テレビでもよく芸能人の方が体験していますね。全部で7コースあるので、それぞれの景色を楽しめます。1番長いコースはなんと長さ169メートル、高さ25メートルの琵琶湖が広がる絶景コースです。2時間かけて全てのコースを周るツアーで、二人で飛べるダブルラインのコースもあります。

ヨガ

年々人気を高め、教室があちこちにできているヨガはなんと琵琶湖でも楽しむことが出来ます。わざわざ琵琶湖に行かなくても良いのでは?と思う方もいるかもしれませんが、なんと琵琶湖では水上でヨガができるのです。先ほど紹介したSUPの上に座り、琵琶湖の上に浮かびながらするヨガレッスンがあちこちで開催されています。自然を直に感じながら行うヨガはいつもよりもリラックスできること間違いなしです。